CANのカウンセラーが語る! 恋愛/結婚/お見合い テクニックマニュアル

|まずは許容性を持とう

2009/03/13

昔『三高』 高学歴、高収入、高身長 から
今『三低』 低姿勢、低リスク、低依存 へ
そして『三手』 手伝う、手を取り合う、手をつなぐ を求めるように 

時代の背景と共に女性の望むものが変わってきてます。

それでも圧倒的に女性が男性に対して望むものは収入です。
男性に求める平均年収を『600万以上』と希望される独身女性の割合は40%とも言われています。
しかし
年収600万以上の独身男性は4%以下です。
簡単に考えると比率は女性10:男性1となります。
取り合いですね
私たちがよく言うのは
男性の年齢給です
単純に年齢×12ヶ月+100万でお相手を探してみればと言います。
例えば35歳の男性ならば35万×12ヶ月+100万=520万です。
十分とは言いませんが見合った生活が出来るはずでは
許容することの出来ない方が結局はセレブ婚、ワンランク上の結婚を謳い文句にしてる相談所に入会してしまうのです。何十万円も支払って
但しこのようなところは男女比率が100対1くらいです。もちろん前者の100が女性です。
要するに理想はあくまで理想であって現実と向き合っていただきたいのです。
私は以前に女性会員さんに言ったことがあります。
女医の方です。以前年下の彼がいたそうですが最近またよりを戻さないかと・・・
彼は女医としてのKさんに惚れたのか、それともKさんに惚れたのか?
彼女は返答に窮してました。
高収入の男性を選ぶなとは言いません。
美男、美女を選ぶなとは言いません。
☆選んでるあなたもお相手から選ばれているということを忘れないで下さい。
相手に求める事のみ多く高望みしすぎる人は良いご縁に結ばれにくいです。
単純に確率の問題です。

夫婦 二人で一組です。
手を取り合って一生を共に出来る方を探してみませんか

PREVNEW
<